スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

かっぱ寿司とゲーセン

母のデスクトップは、使えば使う程遅くなって来て、買い替えようかとずっと前から相談されていたが、

タソは「コンピューター関係は任せろ!」ってほど詳しいので、


「タソに見てもらうまで買うのは待って」


と答えていた。


結局CPUの容量につり合わないアンチウィルスソフトが主な原因で、
あとはブラウザを変更したり、メモリを増設したりしたら、全く問題なくなった


そうそう、メモリを買いにヤマダ電気に行ったんだけど、あのヤマダの歌がしつこく流れてくるから、
タソ覚えちゃって、そのうち、力こぶの振り付け付きで歌いだして困った



5分に一回歌って踊るのは止めてくれ~!!!







あ、で、そのPCのお礼(?)に、今日のお昼はリクエストに答えるというと、

タソは即答で、


「回転ずし!」




・・・お安い御用で。


こないだはスシローへ行ったので、今日はかっぱ寿司へ。

実は私もかっぱ寿司は初めて。



知ってる? ここ、新幹線がお寿司を運んでくるの!!!
  (「知ってるよ」ってつっこみが聞こえてくる・・・


「んな訳ないじゃん!」


とタソ。


信じない人がここにいまーす!!



で、反応がこんな感じ。





うれしそー。



私も新幹線楽しませてもらったよ


中トロがおいしくて、タソの最後の一皿も中トロ。






これで心おきなくお寿司を食べられたかな?




それから用事がある母は一度帰宅。

私たちに「バイト代」としてお金を渡してくれ、近くのゲーセンで降ろしてくれた(もちろんタソのリクエストだよっ)



「このお金で遊んでおいで。」



ブッ。子供みたい。



すんごい目を輝かせて、


こんなんやったり

">
こんなんやったり

太鼓たたいたり(笑)


ジョイポリスはジョイポリスで楽しかったけど、入場料と待ち時間を考えたら、これでもよかったってタソも言ってた・・・。




夜になって姉と甥っ子も実家にやってきた。



カブトムシ持って



なんでも、もらったカブトムシのつがいが、見事交尾したらしく、




幼虫が20匹は土の中に埋まってた。



"Look! Taso!! Baby, baby, baby...."


と姉は言うが、

Babyって響きはいいけど、 結構グロイよ

2cm以上はあったし



大好きなばぁばに甘える甥っ子。 左にあるタンクがベイビー達ね(笑)


かーっぱかっぱ、かっぱっぱ♪
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

地元が一番・・?

夜は父と、うちの団地のお祭りへ行った。

夏はこう、たくさんイベントがあっていいね。


こないだの浴衣があまりに似合ってたので、母がタソに甚平を買ってくれた。

これがまた似合うんだな(笑)


kanpai 13-50-58

昼からやってたお祭りだったので、夜7時にまだ売ってるものは、焼きそばにビールくらいだったけど、 父はどうしてもタソに見せたかったらしい。

団地の人が一年に一度団結して、準備から片付けまで、合計3日間かけて開催するこのお祭りを。
そして、自分もその一部だというこのお祭りを。


bon.jpg

中心では盆踊りをやっていて、私自身このお祭りに顔を出すのは10年振りくらい。

かなり大きいお祭りになったもんだ。

10年前は花火が3発しか上がらなかったのに、今年は10発だし、仕掛け花火まであった!


「これが私の団地のお祭りだ。私はこの団地が大好きなんだ」

という父。

この団地で野球やゴルフを楽しむ友達を作って、去年はこのお祭りでホットドッグを焼いて、かなりこの団地に根を張って楽しんでる。


私はずっと一人暮らしで、この団地には6年しか住んでなかったし、正直その間も愛着はなかったし、父の考え方が今更ながら、新鮮に映った。


そこへ父の友達登場。 父が、
「息子のタソだよ。」
と紹介する(笑)


「お水持って来たよ。」 「・・・なんて、そんな訳ないじゃん。焼酎だよ。」

あ、悪友だ(笑)



tanb.jpg

タソは私の町を、とてもきれいだと賞賛する。ここに住みたいとも言っている。

田んぼは多いし、空は広いし、緑も多いし、東京も近いし、シマムラもあるし(笑)、
秋葉原まで行かなくても近所にヤマダがあるし、必要なものも全て周りで買えるからだそう。


久々に実家に来たおじいちゃんも同じことを言ってた。


確かに、そうなのかなぁ。。。
今まで一度も愛着が湧いたこともなく、田んぼの有り難みもなかったけど、
今更にして、この町の魅力を分かりかけた気がした。

微妙な心境・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

タソっちお披露目会

親しい友達だけで、銀座でタソお披露目会をやった。

レストランへ行く前に、母のお遣いでパンを買いに行った。


フランスの高級ベーカリーのパンを見せても、タソ、無反応。

この人がどんなパンを欲しているのかは、手に取るように分かったので サンジェルマンへ連れて行くと、 やはり目の色変えて迷ってる。


sang.jpg

選んだのはあんパン、ソーセージパン、カレーパンにツナマヨパン(笑)

タソにはずっとこんな感じでいてほしい。


それから、まだ時間がちょっとあった(気がした)ので、ユニクロでジーンズを買う。
タソは細くて、ギリシャだとなかなかサイズがないんだ。

・・・・なんてことしてると、ホントに時間がなくなって、レストランまで走って行く


みんな待ってるし
しかも初対面の友達同士、盛り上がってるし(笑)


「もぉー、主賓が遅れてどぉすんのよー!」


・・ごもっともです。


でもみんな、良くも悪くも、私の事理解してくれてるので助かる

しかも、結婚祝いと、気の利いたプレゼントをたくさんいただいて、 ホントいい友達に囲まれたなって感激した。

ginza.jpg
みんなありがとう!


女8人+タソっちの中で、唯一子供のいるのがえみたん。
10ヶ月になる利都(りいち)君を連れて来てくれた。


riichi.jpg
みんなメロメロ


最初はみんなにムチャクチャ可愛い笑顔を振りまいて、
食事が来る頃にはお休み

sleeping.jpg 


「ママもゆっくり食事ができて、なんと空気の読める子なの!!」
と直子。

うん。きっといい子に育つぞ



それからみんなでカラオケへ移動。

トンリンが中国語の歌を歌ってくれて、直子が演歌を歌って、きのこが1940年代(?)の歌を歌って、私と目が美奈代を歌って、まとまりないまま盛り上がった(笑)

6.jpg


そ・し・て・・・



実はこの日のために「たまごまごまご」という子供の歌を一曲練習していたタソっち・・・



あいにく歌広場にはこの歌がなく・・・




本人ホっとしたのも束の間・・・




アカペラで歌わされることに(笑)


acapella.jpg
♪たま~ごまごまご♪


動画UPしたいけど、絶対殺される(笑)


♪たま~ごまごまご♪ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

おじいちゃんの英語

三島で合流したおじいちゃんはそのまま私たちと帰宅。

家で留守番だった可哀想な父は、呑み友達(?)のタソが帰って来たので大喜び。

毎晩酒盛りだよ(笑)

ほろ酔いで

"I LOVE MY SO~~N!!!"

って乾杯してる。 kanpai.jpg

酒盛りが終わったらおじいちゃんとタソを連れて、父が命名した

"Gentlemen's Room"

何って、大した事ない父のヤニ臭い部屋です

ここで男3人あぐらをかいて男子トークに花を咲かせるらしい



実はおじいちゃん、はるか昔の現役時代は高校の英語教師。

だけどうちの家族は誰も、おじいちゃんの英語を聞いた事がないし、聞かせてもくれないし、 今回タソに会うまで、

「わしゃタソ君とは広島弁で話すから、しっかり教えときなさい。 この歳で英語を話そうとすると、疲れるのじゃ。」


って言っていた程だった。


おじいちゃんは広島に、60年くらい日本に住んでるのに日本語があまり上手くない元アメリカ兵の友達がいて、最近は英語を話すのが面倒くさいので、お誘いがあってもめっきり会ってないとか。

(そんなに面倒なら、英語は話さなそうだな)、って諦めていたので、アテネで

「『おいしいねー』は『おいしいのー』、『そうですね』は『そうじゃのー』だからね。」


って、タソに即席広島弁講座を開いた程だったが、おじいちゃんがタソを気に入ってくれたお陰か、そのgentlemen's roomで英語を話してくれたらしい!

「ど、どうだった?」


「すごく上手だったよ。お義父さんの英語の間違いを直してた。」



えぇー!  
やっぱりしゃべれたんだ!
忘れてなかったんだ


そしたら次の日に、二人の会話を盗み聞きしてしまった
私のいた部屋のほぼ真下で話していたもんで、おもしろいほど丸聞こえ。

流暢な英語で、おじいちゃんと無くなったおばあちゃんとのなれそめを話していたよ。

親に反対された話とか、お母さんが生まれてからやっと結婚を認めてもらった話とか、

私も知らなかった話。

oh.jpg

でもおじいちゃんの英語は、聞かなかったことにしておこっと。


gentlemen's roomは女人禁制(笑) このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

蚊に刺されまくるタソ

早起きして母とタソとホテルの隣にある淡島神社へ。

無人島の頂上にある小さな神社なのでHPは無い。


クリックすると元のサイズで表示します
神社へ繋がる道への入り口。


古代から手つかずっぽい森を20分ほど上って行くが、


すっっっっっごい蚊!!!!



あいにく虫除けをもっていなかったので、私はずっと帽子をパタパタやりながら歩いてた。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな道だよ☆


全くの無抵抗だったタソ、

クリックすると元のサイズで表示します

40箇所くらい腕、首、そして顔に刺されまくってた!!!
この写真のおでこにあるボツボツは全部蚊に刺された所。
チャームポイント(?)のハゲ頭まで刺されて、もう、蚊ってば、容赦しないんだから


あわててホテルの人に虫さされの薬をもらったよ。


さぞかし痒いだろうと思ったら、痒くないらしい。


うんちく大好きなおじいちゃん曰く、

蚊は血を吸う時に自分の唾液をも人に注入して、血を思う存分吸ったら、その唾液もまた吸ってから飛んで行くらしい。

で、その唾液が体内に残っているうちに蚊を追い払うと、痒くなるらしい。



ホント?



ホテルを出て三島へ戻ってから、柿田川公園へ向かった。
ここには富士山からの湧き水が流れてくる所。

クリックすると元のサイズで表示します


早速入り口にある、ここの湧き水を使って作るというカフェに入る。

クリックすると元のサイズで表示します

フィルターコーヒーもカプチーノも、むちゃくちゃ美味しい
うちのコーヒーもミネラルウォーターで作ると、こんなにも味変わるかな?

おじいちゃん、あまりの美味しさにお代わり。



喉を潤したら公園へ。

クリックすると元のサイズで表示します

公園内には「湧き間」と呼ばれる、湧き水がマグマのように地下から出て来ている所がある。
昔はもっとジャボジャボ来てたらしいが。



それから、またここの水で作ったかき氷を食べる。(おじいちゃんといると食べてばっか
タソ、初めて。

クリックすると元のサイズで表示します
オイシー


と、隣に座ってたおじいちゃんが、タソの蚊に刺されて腫れ上がった腕を見て、

「おうおう、可哀想に。わしが薬を塗ってあげよう」

と、持参してたムヒを塗りだした(笑)


クリックすると元のサイズで表示します
アハハ、アリガトゴザイマス

お母さんまで参加して、二人掛かりで集中治療(笑)



おじいちゃんは、タソに会ったときから、「タソ」という字をどう漢字で書こうか考えていてくれた。

「決めた。『太曽』にしよう!」

(うん。私が考えてた「田素」よりはいいね



ちょうどかき氷屋の目の前には、

「あなたの言葉を書きます」



というサインが。


「ちょうどよかった。これに書いてもらう」


クリックすると元のサイズで表示します


お店にディスプレイしてあったカードに、名前だけ書いてもらった。
カードには、

「ず~っと一緒に歩く」

と書いてある。


「ケンカした時に見なさいな。じいちゃんからのプレゼントじゃ。」

素敵なプレゼント。
早速家に飾ってあります




おじいちゃんがタソの事を実の孫のように可愛がってくれて、すごい嬉しかった。


じいちゃんありがとう このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
最新記事
人気ページ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
その他のブログ

世界一周記

世界一周記

メルボルンワーホリ記

fishワーホリ記

fishの絵のページ

fishの絵のページ

このブログのバナー

fish
リンク
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯版 魚ブログ
QR
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。