スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

ギリシャ人と中国人

皆様、ご無沙汰していました。

タソっちの脚がだいぶ良くなってきたので、GWは北海道に旅行に行ってきました。
今日はその話をしつつギリシャ文化についても説明しようと思います。



自分の今までの経験および独断と偏見に基づいて言うよ。

昔から思っていたことだが、中国ギリシャって似てる。

何が似てるって、

人がうるさい
街がうるさい
みんな適当でいい加減
細かいこと気にしなーい
感情をもろに出す

だけど

人は優しい
ごはんもおいしい
古代文明の地で、哲学者を輩出
半端ない遺跡がたくさん
そしてそれをとても誇りにしている

そして細かいところだと、

誕生日の人が友達におごる
家族の絆が深い


そして、こんな類似点も・・・



男のメンツのためにお金を払う



今回北海道に行ったとき、タソっちが行ってた語学学校で友達になった中国人が今札幌に住んでいるので、再会を果たしたのね。


まだ引っ越しして1か月しか経ってないから、ほとんど観光をしてない彼。
しかも勉強が忙しくてアルバイトができないので、貧乏学生らしい。


そんな彼と一緒にサッポロビール園に行った。



まだ桜が咲いてたよ!!


目的は、絞りたての生ビールに、おいしいジンギスカン!!



久々にバカやれて、すごく楽しかった。

おいしい黒ビールも飲んだし、ご機嫌な時間だったわ~。


しかし!


いざ、お会計の時間になると空気が一変。

「1000円でいいよ。」
「何言ってんだ! わざわざ遠いところから来てくれたから、オレに大目に払わせてくれ!!」

と彼が差し出してきたのは5000円!



延々とお札が行ったり来たり・・・・


おばちゃんの席の譲り合いみたいだった


めんどくさいので、
「じゃぁ2000円ちょうだい。」
と割り込んだ私。

3000円で落ち着いてその日は終わった。


(今思えば、アジアの市場で値切るのに似てるかも・・・)




その後私たちは洞爺湖と支笏湖をレンタカーでまわり、


途中立ち寄った羊蹄山。北海道に来たら、やっぱり迫力のあるを見ないとねー!!



その羊蹄山の湧き水が飲める「ふきだし公園」で食べた「揚げじゃが」
タソっちご満悦



洞爺湖


そしてこちらが支笏湖。ここに一泊。


念願の温泉を楽しんで、


翌朝は支笏湖周辺をバードウォッチングなんてしたりして、

ヤマガラ

いかにも北海道な景色に感激していたよ。


そして札幌に戻ってきてから、また彼と会った。


今度はラーメン食べたよ。

事前にタソと私の間で、気づかれないようにレジに行って支払をしてしまえ!

と作戦を立てていた。



そこらへんで食べたのに、すごいおいしかった。
札幌はレベルが高いのかしら??


食事が済んで、私がそろーっとレジに行く。
レジの音に気付いた彼。

振り返ると二人がまたけんかしてる。


「いいってば!」
「もらってくれよ!!」

彼に渡されたお札をテーブルに置いたタソ。



手に取ってタソのリュックに入れようとする彼。

それを出してまたテーブルに置くタソ。


・・・やれやれ
めんどくさい(笑)


私も説得に加わり、なんどかおごることができた。



中国人/ギリシャ人っていつもこんなんなの!???

でもタソっち、あとでその時のやりとりを楽しそうに思い起こして笑ってるのよ。
あれが案外楽しいのかしら。



ともあれ、こんなやりとり久しぶりなはず。

お互い故郷を思い出した・・・んじゃないかな?



また会えたらいいね。



最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が励まされます。

コメントも待ってます
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

theme : ギリシャ
genre : 海外情報

タソっちの嫌いな日本語

タソっちの好きな日本語はおそらく、「肉まん」とか「たこ焼き」とかだろうけど、
嫌いな日本語はダントツで「ちがう」である。

え、なんで?って感じでしょ?

なんでも、全否定されているようで、傷つくらしい。

例:

「fishの会社の佐藤さんは男性?」

「ううん、ちがう、女性だよ。」

(アルバイトで)
「この箱はここに置くんですか?」

ちがう、あっちだよ。」

この「ちがう」という響きが、クイズ番組で不正解したときの




という嫌らしいブザー音に聞こえるらしい。
しかも、目の前でバツまでされた日には、



全否定で「あんたバカじゃないの?」
と、「WRONG!!」という字を突き付けられている感じがするとか・・・

そんなぁ、タソっち、ちがうよぉ・・・w


そういえばこんなことがあったなぁ。

くだらないことでタソがいじけたから、
フォローしようと




なぐさめてるつもりが、

余計面倒なことに。


あと、こんなこともあったな。

タソっちの書いた漢字を見て、
「あ、ここまちがってるよ。」

「ちがうって言った~!!!」
「まちがえる」という言葉もNGなのかい。



ちょっと話は変わるけど、

ギリシャ特有のジェスチャーで、指を思い切り開いたパーを、相手に突き付けるものがあるんだけど、
これ絶対ギリシャでやっちゃダメなジェスチャーね。
とても相手を侮辱するジェスチャーだから。

タソっちが日本語学校に行ってたころ、

「『いつか』は『5』ですよー。」

聞き取れなかったタソっち、

「先生すみません、『いつか』は何ですか?」

「5ですよー!」



と、そのジェスチャーを何回もやったらしい。

「先生、それやめてください・・。とても悪いです。」
とお願いしたらしい。

先生に悪気があるわけないけど、やっぱり突き付けられた方はきついらしいw

タソっちには「ちがう」という言葉と「バツ」のジェスチャーは、この「パー」と同じくらいきついらしいよ。


みなさんのパートナーはいかがでしょうか??



最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が励まされます。

コメントも待ってます このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

theme : ギリシャ
genre : 海外情報

ギリシャ人がやってきた その4

ギリシャから旅行で来たディミちゃんとタキの珍道中、最終話。


今回の日本旅行の最大目的であった四国のお遍路さんから無事戻ってきた二人。

バスの予約もしてないし、宿の場所も探してないし、すごく心配してたんだけど、
なんとか間違わずに京都へ行って観光して、そこから鳴門までバスに乗って、
お遍路をスタートさせることができたらしい。

「お遍路で会った人たちはぜんぜん日本語ができませんでした! でも旅館を見つけたり、バスの乗り方を聞いたり、ぜんぶ日本語でできました!!!」

とディミちゃん。

すごい自信がついたようだ

私も純子と一緒に超ローカルな島、アナフィに行った時、下手なギリシャ語を駆使して、
いろんな人と話して、おかげですごい自信がついたことを思い出したわ。(アナフィの旅についてはこちら。)

ディミちゃんとタキはまず白装束に身をつつんでお遍路スタート。


ディミちゃん

その出で立ちのため、色々とお布施をいただいたようだ。
あるおばあちゃんなんて、1000円をお布施してくださって、それにはディミちゃんもびっくりしたようだ。

宿は毎日、近くにあるかどうか人に聞いたらしいけど、家に泊めてもらったり、お寺の住職さんに車で連れていってもらったり、実に中身の濃いお遍路道中となったみたいだ。

いい経験したなぁ。



タキ

我が家に戻ってきたその日の晩は、タソっちの大好きなかっぱ寿司へ。

今回が日本初めてだというのに、既に納豆を食したというタキ。
この日も見たこともないネタに興味深々。

赤貝、数の子・・・私もあまり食べないネタもパクパク食べていく。
こういうとこ、尊敬するわー。

「おぉ! なんだこりゃ! ハンバーグが回ってきたぞ!!」



ハンバーグはギリシャのソウルフード。みんな週一回は食べてるんじゃないかな。
そんなハンバーグが寿司になってるからみんな爆笑。

今まで気になってたけど食べたことのなかったタソっち。
「案外おいしい!」

私とタソっちが好きな光り物も、二人は気に入ってくれたようだ。


「京都で別の回転寿司に行ったけど、こっちの方がおいしい。日本で一番おいしいです。」

・・・・今度はもっとおいしい、回転しないのを食べさせてあげたくなったわ。


気づいたらディミちゃん、なぜか子供用のお皿ばっかりw
ツナマヨとか偶然だけど、さび抜きとかばかり取ってたからかな。

ディミちゃんは15皿、タキは17皿も食べたわ。





それからまたうちで宴会。次の日私もタソも仕事だし、ディミちゃんたちも7時には家を出るのに2時まで宴会してたよ。

さすがに眠くなってきたので、もう寝るか、となったその時、

やっとディミちゃんが成田までの行き方を調べだした。


「・・・お前今いくら持ってるよ。」
「1200円しかないぜ。」
「こっちも1700円」
「二人合わせて2900円・・・」



「・・・成田までちょっと足りないんじゃないの??」



「小銭全部出してみろよ。」
って夜中の2時に小銭数えてる~!!!


(ディミちゃんの後ろめたそうな笑顔が笑える)


結局ディミちゃんの小銭入れから500円玉が2つポロっと出てきてホッとした。
もう、こんな時間に勘弁してよね(笑)

最後までヒヤヒヤさせられたけど、無事ギリシャに到着したみたい。

楽しかったわー。私たちが楽しんだのと同じぐらい、二人も楽しんでくれてたらうれしいな。

ハァ、ギリシャ行きたくなっちゃったよー。


最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が励まされます。

  
クリックすると絵が変わるよ♪

コメントも待ってます このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

ギリシャ人がやってきた その3

ギリシャから来たディミちゃんとタキの珍道中その3。

二人がうちに泊まった翌日。近所のスーパーに連れて行ってあげた。

日本酒、ウィスキー、ラーメン、うどんにお菓子、色々お土産の買い出しに精を出す2人。

そんな2人(いや、タソを入れて3人)のギリシャ人の足がピタっと止まる。


そ・れ・は・・・



揚げ物セクション


3人の目が輝いてる



「これは何だ、あれには何が入ってる」
と、一つ一つ説明を求められる私。



試食もあるぞー


ギリシャ人は揚げ物がホントに大好きなんです。


それとおにぎりを買って、家で昼ご飯。




これから2人は新大久保で知人と待ち合わせ。

・・・でもちっともバスや電車の時間を調べる気配なし。

心配になった私。
調べたらあと15分じゃん!!!!


「ディミちゃん、タキ、あんまり時間ないよ



おにぎりは後で食べることに。


あと10分。

しかし、さっきスーパーで買った食材がちっとも荷造りされちゃいない。

なのにディミちゃん、このタイミングでFacebook・・・



「ディミちゃん!Facebookはあとでいいでしょ!!」

「こいつFacebook中毒だぜ。」
とタキ(笑)



そんなタキも、



と荷解きしてる


「タキこれ忘れ物。これ要るんでしょ。」


しかも忘れ物してるし。



追い打ちをかけるように、うちのギリシャ人も



「タソ!こぼさないで!!!」


ギリシャ人3人の面倒を見るって結構疲れる

女が3人いれば姦しいというが、ギリシャ人が3人いれば ・・・・

カオスと呼ばせようか
(ちなみにカオスはギリシャ語だよ。)



何とか2人の荷造りは終わって、バス停にダッシュ



何とか間に合った〜。

dimitaki15.gif


でもこんなカオスも久しぶりで楽しんでる自分がいたりして(笑)



これから2人は京都に行って、そのあと憧れのお遍路さんです。
で、そのあとまた戻って来るよー。



最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が励まされます。

  
クリックすると絵が変わるよ♪

コメントも待ってます このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

ギリシャ人がやってきた その2

ギリシャから私の生徒さん、ディミちゃんとその友達タキがやってきた。
今回はその時の話第2弾。

3人で昼ご飯を食べていた時の事。

ディミちゃんが箸の使い方間違ってることに気付く。




これはいい機会だと、ちゃんとした持ち方を教えてあげる。


でも間違えたやり方で覚えてしまったみたいで、難しいみたい。




ふとタキを見ると、初めて日本に来たのにちゃんと箸を使ってるじゃないか


「わぁ、タキすごいね〜! どこで覚えたの?」


「ギリシャにいたときから適当に使ってるんだ。」

「へぇ、すごい。あってるよ。」
「ディミちゃんがんばれー。」




昼ご飯は玄米とか南蛮漬けとか変わったものがたくさんあったけど、
二人とも全部おいしいと食べてたわ。

でもふとディミちゃんのお茶碗を見ると、ごはん粒がたくさん残ってる。



これもいい機会だと、口うるさいオババのように説明した。
「日本では、ご飯は一粒残らず食べた方がいいわよ。お百姓さんに感謝なんだよ。」


ふとタキを見ると、一粒残らずちゃんと食べてるじゃないか

「ハラ減ってただけだろ。」
とディミちゃん。 (ブッ)

それ、ありうるから。

「あー、酒飲みてぇ。」






その晩行ったラーメン屋でのこと。

ディミちゃんがレンゲでラーメンを食べてることに気づく。
(ある意味器用)


「ディ、ディミちゃん、それはスープを飲むものだよ。そこに箸あるじゃん。」

「あ、そっか!」




ふとタキを見ると、やはり箸でちゃんと食べてる。

chakkari7.gif


初めて日本に来たのに、全て何気にそつなくこなしてるタキ。。。





そんなタキに、タキって日本の名前でもあるんだよと言うと大喜び。



・・・苗字だけど、まいっか(笑)

悔しがるディミちゃんは私を質問攻めに。

「ディミって日本語の名前にないの???」

「うーん、『ディ』っていう音が外国のものにしか使わないからねぇ。」

「デミは?」


(デミソース??)


「じゃぁジミは??」


「地味・・・つまんないって意味だよ。」


「うわ〜ん!!!」





100均で見つけた「滝」ハンコをタキに渡す。



「やった〜!!! 押しまくるぞ〜!!!」


って、ギリシャで押しまくっても誰も読めないでしょ、あなた
何に使うんだろう。



諦めきれないディミちゃん。

「僕の名前に似てるのないの?」


と一つ一つ読まされる私・・・・

だいぶ探してあげたけど、なんもなくて肩落とすディミちゃん。



あれからも色々考えてあげたけど、 うーん、やっぱりなかったよ。


あまりがっくり来てないといいけど・・・。





最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が励まされます。

コメントも待ってます
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
最新記事
人気ページ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
その他のブログ

世界一周記

世界一周記

メルボルンワーホリ記

fishワーホリ記

fishの絵のページ

fishの絵のページ

このブログのバナー

fish
リンク
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯版 魚ブログ
QR
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。