スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

国営放送ERT閉鎖、その後は?

みなさんも、ギリシャの公営ラジオ・テレビ局「ERT」が11日に閉鎖し、2700人の職員全員を解雇というニュースをどこかで聞いたかと思う。

私もよく見てたチャンネルなので、このニュースには目を疑った。




でも疑問が残る。
まず、国営放送をいきなり閉鎖するまえに、他に閉鎖できるところがあるはずでは、という疑問。
そして、国営放送をいきなり閉鎖する前に、組織再編やリストラなどでは対処できなかったのか、という疑問・・・

その2日前にガス会社を売却するというプランが失敗に終わったのが、今回のこの事件に拍車をかけたというのは間違いないのだが。

ekathimerini.comによると、
第2政党PASOKと第3政党DIMARのリーダーも、何もERTを閉鎖する必要はない。運営しながら改革をするべきだったのでは、と第1政党NDのサマラスを責めているが、サマラスはこう言う。

「ERTは無駄遣いと不透明さのシンボルとなってしまった。こうあってしかるべきだ。」

反対意見の多い中、サマラスはERTをNERITと改名し、1000名のスタッフで、今までの1/3のコストで運営していくと話している。



いきなり姿を消したチャンネル


NHKとは違い、これらのチャンネルにはコマーシャルもあるのだが、
ERTは受信料として電気料金に約€4.5を載せて国民から徴収している。

今回の閉鎖にともない、来月分からその€4.5は取り消しになるのかなと思ったが、
なぜか徴収され続けるとのこと・・・。



ERTにはチャンネルが5つ


そして、心配なのは、NDの前に政権を握っていたPASOK時代にも、無駄な公務員の雇用は行われていた。
サマラスは新たに1000人雇うと言うが、雇われるのは間違いなくNDとコネのある人たちだけだろう。

腐敗のない透明な公営放送、果たして本当に誕生するのだろうか・・・


最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が励まされます。

  
コメントも待ってます
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
人気ページ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
その他のブログ

世界一周記

世界一周記

メルボルンワーホリ記

fishワーホリ記

fishの絵のページ

fishの絵のページ

このブログのバナー

fish
リンク
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯版 魚ブログ
QR
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。