スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

塩の町とビアガーデン

翌日の朝、田舎のホテルをチェックアウトして、近くの町、ベルヒテスガーデンをちょこっと見てみることにした。



むちゃくちゃ可愛いでしょ〜?


ちょうど朝だったので、朝一市が開かれていた。



右のピンクのスカートの女性と、買ってるグリーンのドレスの女性、伝統的なドイツの服を着てる。
こんなドレスを着てる女性がちらほらいて驚いた。
あと、みんなエコなのか、伝統なのか、藤のかごを提げてる人が目立った。



可愛いおばあちゃん隠し撮り。ゴメンちょ。


伝統がまだ残ってて、なんだか嬉しかった。


ベルヒテスガーデンには岩塩坑があり、この辺りで塩塊が採れるらしい。
そう言えば昨日のケーニヒス湖でも、ソルトクリスタルを売ってたなぁ。

ちょうどクリスタル屋さんがあって、ソルトクリスタルを売ってたので、また下らんものをとタソにブツブツ言われながらも、高さ20cmぐらいのを買った。


こんな感じの。お値段€3なり。 
私が買ったのは岩そのものだけど、もちろんランプのやキャンドルを入れるタイプのもあった。


ちゃっかりお土産を購入した後は、オーストリアのサルツブルグを、これまたちょろっと見学。


サルツブルグって「塩の城」って意味なんだって。
ここでも塩塊が採れるかな。




文句無しの美しさ。 いかにもヨーロッパだわぁ。




Aベルヒテスガーデン〜Bサルツブルグ 34.4km
Bサルツブルグ〜Cミュンヘン 146km


そして、今回の旅の最終目的地、ミュンヘンへ。

親友のぶーちゃんと目が既にミュンヘン着しているので、合流して、この日はエングリッシャーガルテンにあるビアガーデンに行ってみた。

早速ソーセージは飽き気味だったので、隣の人がほおばってたスペアリブを私たちも注文。
これをタソと半分こ。

でもやっぱりソーセージも一本オーダーしてたりして


1リットルのビアジョッキ。

これには足らず、500mlのビールを追加してたよ
でも間違えてレモンジュースの入ってるラドラーを選択してしまって、泣きそうになってた(笑)



夜は更に盛り上がる


ビール大好きなタソ、ビアガーデンがすっかり気に入ってしまったようだ。


最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が励まされます。

  
クリックすると絵が変わるよ♪

コメントも待ってます このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

theme : ドイツ
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

タイムスリップしたような可愛い街と可愛いドレスを着た女性!
ヨーロッパは 歴史を感じますね。

ザルツブルグの意味が塩だとは。

ソルトクリスタルは素敵ですね~
キャンドル立てを すぐに買ってしまいそうです(笑)

No title

ザルツブルク・・・モーツァルトの生まれ故郷
ここから天才が生まれたんだ!って空気あったかな?

ちょっと調べてみたら、ドイツ語ではザルツブルグ、現地人の外国人用はサルツブルグ(現地人同士ではソエツブアク)って名前に聞こえるんだって。やっぱり陸続きでも他国だと、地域の名前も発音もいろいろでおもしろいね。

ミュンヘンの大集合写真(お得意の遠くて顔が見えないやつ)ないの~?楽しみにしてる。

yuさん

一つと言わず、たくさん買って帰りたかったけど、なんせライアンエアーの手荷物の規制が気になって、一つしか買えませんでした。
帰りの手荷物チェックで案の定引っかかって、「これは何ですか?」って言われたけど無事通過。岩は危険品じゃないの?(笑)

kanako

どこかのホールからクラシック音楽が流れてて、この景色にこの音楽、ピッタリだったよ。
モーツァルトの頃と景色は違うんだろうけど、この景色ありのあの音楽だね。
私もザルツブルグって濁るのかと思ってたら、両方正解なのね。ソエツボアク・・・理解不能だ。
最新記事
人気ページ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
その他のブログ

世界一周記

世界一周記

メルボルンワーホリ記

fishワーホリ記

fishの絵のページ

fishの絵のページ

このブログのバナー

fish
リンク
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯版 魚ブログ
QR
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。