スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

バスターミナルで・・・

ÓbidosからCais da Rainhaまでのバスは、すんなり乗れた。

(今回はすんなりナザレまで行けるのかな♪)

なんて期待してた私。


information centerで教えてもらったスケジュールでは、出発が15:10で到着が15:20。
たった10分のはずが、20分経ってもつかない。

Caldas da Rainhaからのバスは15:30に出発してしまう。


「ねぇ、これ次のバス間に合わないかも・・・」


なんてそわそわし始めた私。



「大丈夫だよー。逃したら逃しただよー。」

相変わらず肝の座ってる二人。

ギリシャに住んで3年。かなりおおらかになったと思っていたが、この2人にはまだまだ敵わない。

まぁ、そわそわしてもしなくても、バスが到着する時間が変わる訳ではないよね。





結局、乗り換えはうまく行った。

今日の最終目的地、ナザレに向けてCais da Rainhaのバスターミナルを出発する。

見送りの人も来てた。




バスが発車。



なんでか直子もおじさん達に手を振ってる。


「直子を見送りしてるんじゃないってば(笑)」


「でも、笑顔で手振ってくれたよ♪」



「佳奈子ー! 直子が知らないおじさん達に手を振ってたんだけど! 
ありえなくない!? 」




「えー、私も振ってたよ。」





マジでっか・・・・



「普通だよ〜♪」と佳奈子。


普通なの???







ナザレに到着すると、宿の客引きの多さに辟易する。
宿が決まっててよかった。

私たちが取った宿はAdega Oceano。プライベートバストイレはもちろん、キッチン、洗濯機、冷蔵庫までついている。

これで3人で一泊€30、朝食付き!!!


ナザレは海岸に面するビーチリゾート。夏休み、一週間こんな宿でビーチに行きながらのんびりするのがナザレのスタイルなんだろうなー。

なんて思った。


しかし私も佳奈子も日光に当たるとかゆくてしょうがなくなるし、直子も別にビーチが大好き!
って訳でもない。

ナザレに来た目的は、魚だよ!





ごはんの時間にはまだ早いので、ミゼリコルディア展望台(Midaroudo da Misericórdia)から、町を眺めてみることに。






すぐ隣には素朴な教会が。



ここの人も温かい。
すれ違い様にあいさつされたので、挨拶を返すと、

「どこから来たんだい?」


と気さくに話しかけてくれた。

「おぉ日本か〜。きれいな国だね。」


いやいや、おじさんこそ、こんな景色のいい所に住んでるなんて、羨ましい限りですよ、
と言っておいた。




展望台までは結構な距離を登ったので、一気にお腹が空いた。

レストランを探すも、時間が早いせいか(といっても19-20時なんだけど)、日曜日だからか、多くのレストランが閉まっていた。


私たちのホテルにはレストランも併設されていて、ゲストは10%オフで食べられるというので、予定外だったけどここで晩ご飯を食べた。



適当にお店の人が新鮮でおすすめと言うものをチョイス。


お通し。左のタコのマリネがおいしかった♪


直子のlinguadoというヒラメと、私のdouradaという鯛。



おいしかったけど、ギリシャ人は1/4にカットされたレモンを魚の上にジャーッと絞って食べる。
輪切りじゃ絞れないよ 飾りなのかなぁ。
ギリシャナイズされたのか、何だか物足りなかった。


と、隣のテーブルのヨーロッパ人のおばちゃんたちが何やらウェイターともめてる。


頼んでもないのに来たあの前菜が、無料でなかったことに納得いかないようだ。
この点はネットでもさんざん書いてあったから分かってたことだけど、
レシート見てびっくり。前菜に€10もとるのはちょっと私も納得いかない。
私の魚が€9だよ。メインより高い前菜って・・・。
私も高すぎると文句言えばよかったなとちょっと後悔。

ギリシャでも昔、付け合わせにお金を取ってたことがあるらしいけれど(といっても€1程)、
お客さんから文句の嵐で、それからは無料になったとか。



日が暮れてから、ナザレの町をブラブラ。
海も歩いてみる。



すごい寒かった。



明日は更に北上してポルトへ行く予定。
バス乗り場も確認しておいたし、きっとちゃんと乗れるよね・・・(笑)



最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が励まされます。

  
クリックすると絵が変わるよ♪

コメントも待ってます このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

theme : ポルトガル 
genre : 旅行

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

そんなに素敵な宿ばかりどうやって見つけるのー?

偶然にも私とまったくおんなじルートで懐かしいよ!

No title

現地のおじさんとは何語で会話?
日本を知っているだけ嬉しいな。

日本人は レモンをたっぷりかけて食べないので レストランの魚料理にのっているレモンの薄切りをみても抵抗ない(笑)
どれも美味しそうだな~

エビの目が黒々してインパクトがありすぎ。

かほちゃん

面白いね!!
結構悩んでこの町を選んだんだけど、まったく同じとは!
ホテルはbooking.comで口コミ見て決めてるよ。

yuさん

このおじさんとは英語で話してました。
出会った人たちは、みんな日本にいいイメージを持ってるみたいでしたよ。
日本の食事についてくる薄〜い輪切りのレモンは、デコレーションですよね。
タソに輪切りの件を話したら、フォークを突き刺してねじると汁が出ると教えてくれました。あぁ、知ってたらなぁ!!!
最新記事
人気ページ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
その他のブログ

世界一周記

世界一周記

メルボルンワーホリ記

fishワーホリ記

fishの絵のページ

fishの絵のページ

このブログのバナー

fish
リンク
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯版 魚ブログ
QR
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。