スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

オドントトス登山鉄道

釣りの後はカラブリタのオドントトス登山鉄道に乗りに行った。
昔日本のテレビで紹介されていて、家族みんな釘付けになった鉄道だ。


こんなスレスレの所を走るの!!


始発のディアコプトの駅までは、なんとタソパパの家から車で15分で到着。
こんなに近いのに今まで行ったことがなかったなんて。


なんてことない駅

タソパパがここで私たち4人を降ろして、終点のカラブリタでピックアップしてくれるというプラン。
車は5人乗りなので、タソママはお留守番


列車の旅は約1時間。22kmをのんびりと走る(片道€9.5)。





そして、テレビで見た岸壁スレスレの線路と、列車がやっと通るくらいの細いトンネル!!



結構な迫力だ。


大満足でカラブリタに到着。



タソ曰く、この鉄道も民間経営で、赤字らしい。
(そして今のギリシャじゃ、赤字抱えた鉄道なんてどの民間企業も買ってくれないよね。)


私たちが乗ったこの日も、1車両の半分も埋まってなかった。



駅が冴えないのは味としてとらえてもいいが、まるで情報がない。

あるのは始発駅にあったこのゆるい地図のみ(笑)


「ディアコプトからカラブリタまで22km。
建設期間:1889-1896
主要時間:68分
歯形レールの距離:3400m
歯形レールの最高傾斜:145 ο/οο」

この登山鉄道はどうして誕生したのか、どんな苦労があったのか、残念ながらそういう情報はない。


車両は普通に街を走っていそうなもの、しかもなぜか新型。
レトロなトロッコ列車だったりすると素敵なのになぁ。


そして、日本だったら列車の中で説明の放送が流れたりするが、そんなのもなし。

さすが民間企業。商売っ気がない。





カラブリタに到着。可愛らしい町だ。


カラブリタに着いて父が気づいたのは、お土産やがたくさん立ち並んでいるのに、どこも鉄道をモチーフにしたものを売っていないということだ。
この鉄道についての本などもなし。

売っているのはおもちゃやハーブ、オリーブ石鹸や海綿など、どこのお土産やでも売っているものばかりだ。





この点も、日本だったら町おこしと言わんばかりに盛り上げるに違いない。



なんだかもったいないなぁ、こんなに素敵な鉄道なのに。


何はともあれ、このオドントトス登山鉄道、あまり知られていないので、予約なんて絶対いらないし、
好きな席に座れるので穴場ではある(笑)
かなりすがすがしくておすすめだ。




最後に、あのゆる地図が教えてくれなかった、この鉄道についての情報を追記しておこう。


昔カラブリタはなかなか大きな町だったらしく、人や物を運ぶ鉄道が必要だったらしい。
そこでフランス人技師を呼んで、1889年から建設を開始した。

環境を破壊しないために、ゲージは小型の75cmを採用。
今でも世界一幅の狭い鉄道である。

傾斜もあり岩もあり、当時の技術では信じられないくらい大変な技術を要したらしい。

1896年から1959年までは蒸気で走っていた。
(以上、Odontotos rack railwayより

今でも始発駅ディアコプトに、当時の車両が展示してある。




最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が励まされます。

  
クリックすると絵が変わるよ♪

コメントも待ってます このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

theme : ギリシャ
genre : 海外情報

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

「世界の車窓」とかいう番組にうってつけですね

そのジグザク感は、箱根登山鉄道みたいに運転手さんがあっち行ったりこっち行ったりしてるんでしょうか。

ギリシャも、まだ楽しいところ一杯ありますよね

No title

JTBあたりに 持ち込みたいような素敵な鉄道ですね。

日本にこんな鉄道があったら 予約制になるくらいの大人気スポットになること間違いなしです!


No title

わ~絶景だね!!
中から見ても外から見ても絶景って、そうそうないよね。
なのにガラガラなんて、信じられない。
みんな知らないだけだろうな。。。

高尾山だって私が子供のころはいつもガラガラで
おっちゃんがずーっと説明して一緒に回ってくれるくらい暇そうにしてたのにミシュランであんなんなっちゃってるし。
人が増えて高尾山の自然がすごい勢いで破壊されているというから
痛しかゆしかね~。

ギリシャのこんな絶景が望める鉄道は是非国レベルでやって欲しいよね。
そして私もいつか行ってみたいわ★
旦那鉄道好きだから、帰ったら見せてみよー。

No title

なんて楽しそうな鉄道なんでしょう~。昔テレビで紹介されていたのをお父さんたちはよく覚えていたねー。(私ならすぐ忘れちゃうんだけど) ギリシアはもう少し商売っけを出せば 観光客ももっと増えるだろうに、もったいないね~。 日本なら間違いなく記念切符、記念バッチ、記念ハガキが出ると思うわ。 子供向けに車両のおもちゃなんかも流行りそうだけどね~。

No title

鉄道大好きだから、こういうの見るとわくわくするなぁ!
なんか、扱いが雑でもったいないよね。
もっとPRすればいいのに!!

カラブリタの街の雰囲気もステキv-238

まりあさん

多分、まさにその「世界の車窓から」で見た気がします(笑)
運転手さんがあっちこっち行ってた記憶はありませんが、
単線なのですれ違う列車が来るまでずっと止まってましたe-263

yuさん

うまく売り込めば、列車が日本人で貸し切りになりそうですね。
駅弁なんて売っちゃったりして(笑)

いぬいさん

高尾山、そうなんだ。
今やパワースポットとして崇められてるよね。
だんなさん、何と言ってた?

chiho

記念葉書でさえ売ってなかった気がする・・・。
両親はこんなにエギョから近いと思ってなかったから、機会があれば行きたいってぐらいにしか思ってなかったんだと思う。

エモたん

雑・・・。まさに。

せっかくがんばって作った鉄道。
閉鎖にならないうちにがんばってお客さん呼んでほしいものです。
最新記事
人気ページ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
その他のブログ

世界一周記

世界一周記

メルボルンワーホリ記

fishワーホリ記

fishの絵のページ

fishの絵のページ

このブログのバナー

fish
リンク
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯版 魚ブログ
QR
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。