スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

苦労して摘んだのに・・・。

タソっちの実家へ行って来た。

二人は英語が話せないので、ギリシャ語のみの会話となるんだけど、ミロス&アナフィの旅で鍛えられたせいか、
前に比べてギリシャ語を話すことに対しての抵抗や緊張がない

旅の収穫だ


「アナフィでは、カパリを摘んで来たんですよ♪」

「うちで今漬けてるんです。」


と話すと、


「あら、うちの畑にもあるのに。カパリ。」


とタソママ


「え、それって、崖の所に生えてるんですか?」



「いや、普通に地面から生えてるわよ。」




・・・・・



私たちの苦労って一体・・・・


(分からない人は読んでね「カパリ摘み~おじさんに助けられる」



「うちでもカパリ漬けてるの。食べてみる?」



巷で売られているカパリ(ケッパー)は、実だけが漬けられたもの。
アナフィでの漬け方は、実と葉両方。
タソママは、茎まで漬けてしまうのだ☆


自家製のお酢に1週間ぐらい漬けると、茎まで柔らかくなるらしい。



これがその漬けたもの。


結構お酢が利いてて、和食ともすごい合いそう☆



さて、私たちが摘んで来たカパリは、アナフィで教わった通り、塩と葉をミルフィーユのように重ねて行き、
上からお酢をかけてしばらく放置しておいた。


こんな感じで出来上がり。

葉が緑っぽくなったら食べごろ。


苦いのもあったから、ちょっとお酢が足りなかったかな?


今度はタソママの畑で気楽にカパリを摘んで、再トライでもしてみるか。



最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が喜びます。

  
クリックすると絵が変わるよ♪

コメントも待ってます このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

theme : ギリシャ
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

なんか山菜だよねそれ~わらびみたいな。

No title

厳しい環境の中で育ったカパリと 畑で育ったカパリ。
味が違うと思いましょう!(笑)

No title

あららら~
あの崖を登って取った物は格別おいしいはず。
でも先にその情報欲しかったですね。

ハス

わらびっていうよりも、普通の固い葉っぱなのよ。
でもほんのり独特の匂いがあって、お酢に漬けたら柔らかく、食べられる固さになるのよ。

yuさん

そうですね! 
野性と養殖??(笑)

ひまわりさん

まさかタソママの畑にカパリがあるとはねぇ。
私が漬けたカパリは、アナフィで食べたの程はおいしくなかったです(T_T)
最新記事
人気ページ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
その他のブログ

世界一周記

世界一周記

メルボルンワーホリ記

fishワーホリ記

fishの絵のページ

fishの絵のページ

このブログのバナー

fish
リンク
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯版 魚ブログ
QR
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。