スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

リバーカヤック

今日は屋久島最終日。
帰りのフェリーは12時出航。

その前の中途半端な時間をどうにかできないかな、と色々事前に調査していると、


「リバーカヤック」


たるものを見つけた。

でもほとんどのツアーが9-12時という設定。


でもスピニカさんに問い合わせた所、追加料金なしで8時からでツアーをやってくれるとのこと




木原さん撮影

静寂の中、カヤックを漕ぎだす。


サルが木を揺すってた。


川の水はとても澄んでいて、5mはあるだろうに、底まで見える。



ガイドの木原さんは色々屋久島について教えてくれた。

屋久島には昔から山岳信仰というものがあって、各集落から、一番近い高い山を「氏神」として崇めているらしい。

そして毎年一回は代表者が山の頂上にある神社へ、お供え物を持って祈りを捧げにいくらしい。(=岳参り)


昔は、この日カヤックをしながら見えた明星岳(651m)から、屋久島一、そして九州一高い宮之浦岳(1936m)まで岳参りに行っていたらしい。


まだ日本に残る、こういうアニミズム的な要素、すごく興味がある。


イメージ

借り物です。


安房川は、海に通じる川なので、上流に向かうにつれて、水がしょっぱくなくなるのが分かる。


とてもきれいな川だし、魚もたくさんいるので、


(泳ぎたいなぁ・・・)


と思っていたら、


木原さんがタイミングよくスノーケルを出して来た


「うなぎもいるよ。」



という言葉に、うなぎ大好きなタソ、

「えぇっ!? うなぎ?? 


「絶対見つけてやる~!!!」



とずっと潜ったまま


頭だけポコっと出して、大雨が降っても必死に探してた。




木原さんは埼玉出身。
北海道や種子島でこういうネイチャーガイドをやって、今は3人の男の子のパパ。

この屋久島の大自然の中で、のびのび子育てをしている。

そして、多分もうここに落ち着くらしい。

こういう素敵な人生もありだな




お陰でフェリーには余裕で間に合った。


「屋久島丸」。



どんな漁船かと思ったら




案外普通。


でも



席がなくてびっくり


みんな横になって寝てた





桜島が見えて来て、無事、鹿児島に到着


思ったより飛行機までの時間が短かったので、ちょっぴり町を散策して、空港で黒豚のトンカツを食べた。




美味しかった


結局ウナギは見つからず・・・ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

あ。。。川にうなぎいるのね。

日本もいいとこいっぱいあるねー☆

参考になるわ!!

きのこ

うなぎは、海水と淡水の混じり合う所にいるらしいよ。

こんなきれいな川で泳ぐうなぎはおいしいだろうな~・・・。

No title

いちいちタソの言動が面白くてあきないね~
景色よりうなぎ探すタソかわいい!

飽きないねー。

万が一いたらどうなっちゃってたんだろう(w)
最新記事
人気ページ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
その他のブログ

世界一周記

世界一周記

メルボルンワーホリ記

fishワーホリ記

fishの絵のページ

fishの絵のページ

このブログのバナー

fish
リンク
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯版 魚ブログ
QR
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。