スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

ギリシャの交通マナー

このあいだ初めて1人でバスに乗った。

臭いだの暑いだの、悪名高いバスだけど、

満員だった。 (そりゃ臭くて暑くもなるわ)


このバスは連結部分のある長いバスだったんだけど、
連結部分にちょっとスペースをみつけたのでそこへ移動した。


でもバスが曲がる度に連結部分の円盤がグルグル回るので、なんか1人で焦ってた
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
おばちゃんがゴニャゴニャ言ってる。

ちょっとした台を指してるから、そこに座れば、とか
カバンをそこに置けば?とか言ってるのかな?

でも今日の私は全身白。バッグまで白。

クリックすると元のサイズで表示します
座るどころかバッグさえも、この薄汚れた布の上に起きたくない感じ。

ちょっと躊躇してたら、


クリックすると元のサイズで表示します
おばちゃん、近くにあった、だれかが置いて行ったであろうと思われる新聞紙を置いてくれたよ。
ご親切な。

クリックすると元のサイズで表示します
バッグ、かなり重かったから助かった。
ギリシャ人のおせっかい・・・いや、 世話焼き に感謝。



しばらく軽いカバンを楽しんでいたら、

クリックすると元のサイズで表示します
おじいちゃんが着てゴニャゴニャ話しかけて来た。

同じ台を指さしてるから、その新聞を読みたいとか言ってるのかなと思ってどーぞ言ったら、

「どうもありがとうね」
ってお礼言われて、

クリックすると元のサイズで表示します
おじいちゃん、その台に座っちゃった・・・


バッグの重みがまた戻って来た。
まだ先は長いのに。でも仕方ないか・・・。

お年寄りに席をゆずることは、ここじゃかなり当たり前のこと。
ギリシャ人だけじゃなくて、ギリシャに住む人みんなが、それを理解してる。
私が乗ってたときは、バングラデシュ人が進んで席をおじいちゃんにゆずってたよ。



そういえば4月に家族が来たときも、


クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄でフラフラ落ち着かない5歳の甥っ子に、


クリックすると元のサイズで表示します
いつも誰かが席を譲ってくれてたな。






こんな話を書いたらギリシャ人ってどんなにマナーができてるんだろうって思うでしょ。

しかしこの国、そう簡単にはいかない。



クリックすると元のサイズで表示します
ある日地下鉄を待ってたら、


クリックすると元のサイズで表示します
満員だった。



満員っていっても、混んでるのは入り口付近ばっか。
私は私が立ちたい所に立つのよ!
みたいな感じ?

クリックすると元のサイズで表示します
でも私は乗るわよ!!
奥いってよ!!(しょっちゅう来るんだけどね、メトロは。)



日本だったらちょいちょい押しながら入るじゃん!!(私だけ?)

でもこの国、押してもだれも動いてくれない~!!



しかも、

クリックすると元のサイズで表示します
「ちょっと押さないで、次待ちなさいよ!」

と言われたよー

時間にケチケチしないギリシャ人らしいセリフだ。
一秒でも早く家にかえりたいって思うのは、バリバリ日本人の証拠?


あまり人は押しちゃいけないのかなぁ (゚_゚)

と思ってた矢先、またこんなことがあった。




私は既にメトロの中。

次の駅でたくさん人が乗って来た。

クリックすると元のサイズで表示します
あ、誰か押してる。私みたいなギリシャ人もいるのね♪


「ちょっとー、そんなに押さないでよ!」
あぁ、やっぱり始まっちゃった




すると・・・

クリックすると元のサイズで表示します
「そっちこそ少しは詰めなさいよ!」



私の気持ちを代弁するかのような口論!拍手



・・・これを見習って、やっぱり押す事に決めたわ。


おばちゃん、あっぱれ力こぶ

励ましのクリックお願いします このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
人気ページ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
その他のブログ

世界一周記

世界一周記

メルボルンワーホリ記

fishワーホリ記

fishの絵のページ

fishの絵のページ

このブログのバナー

fish
リンク
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯版 魚ブログ
QR
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。