スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

なぜギリシャはW杯ボーナスを断ったか?

ニュースで読んだ方も多いかと思うけど、今回のワールドカップでベスト16に入ったギリシャ。

FIFAからボーナス(推定900万ドル)が出るのだが、選手達はこれを断ったという・・・
というか、最初から断るつもりだったという。

コスタリカ戦があったのが30日。

その1日前に選手達は連名でサマラス首相に手紙を書いた。
その内容が以下のものである。

「私達はボーナスは望んでいません。お金を望んでいるのではありません。ただギリシャと国民のためだけに試合をしているのです。私たちが望んでいるのは我々代表チームが永遠に使えるトレーニングセンターを建設するために、建設地を見つけ、決定していただきたい、それだけです。」

(政府が場所を決定してくれさえすれば、後はギリシャフットボール協会に入ったボーナスや、必要ならFIFAからの支援金でトレーニングセンターは建設できる。)

これを受けたサマラス首相。

「できる限りのことはやるつもりだ。」

と返答。


サマラス首相

タソっち曰く、欲の皮の張った首相のこと、「言い訳くさい。どうせやりゃしないよ。」
と悲観的。

結果選手達はボーナスも新しいトレーニングセンターも手に入らないのだろうか!??
このニュースは追って行きたいと思う。


さて、多額のボーナスを諦めてでもトレーニングセンターを建設してほしいって、
ギリシャ代表の現状はどんなもの?

と調べてみた。


まず、今ギリシャ代表が使用しているトレーニングセンターはアギオス・コスマスという、2004年のアテネオリンピック向けに建設されたトレーニングセンター。






プールや卓球、レスリングなども練習できる一般施設で、ここをレンタル契約しているという。

(ちなみに日本を始め、今回試合に負けたコスタリカもヨーロッパの大きい国も、専用トレーニングセンターを持っている。)


ところが、2015年で契約は打ち切り。

その訳は、

この地域一帯を再開発のために売り払うから!

上の写真の黄土色の部分は古い空港。そこからビーチまで、売りに出すという。


施設そのものがなくなってしまうので、選手達は本当に行き場を失ってしまうのだ。


ギリシャ代表

ギリシャ代表がボーナスを断ったというニュースは世界中に広がっている。
これが圧力となって、首相が腰を上げて候補地を探し始めてくれることを祈るのみだ・・・・。


最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が励まされます。

コメントも待ってます
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
最新記事
人気ページ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
その他のブログ

世界一周記

世界一周記

メルボルンワーホリ記

fishワーホリ記

fishの絵のページ

fishの絵のページ

このブログのバナー

fish
リンク
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯版 魚ブログ
QR
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。