スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

ちんすこうとクラビエデス

沖縄旅行最終日は超早起きで、「やんばるクラブ」へ。
ヒルギ(がじゅまる)林でカヤックするのだ

遅くなればなるほど他のツアー客で混んでくるので、7時からの朝イチコースを選択。
おかげで同じコースを選択した4組(8名)とガイドの金城さん(イケメン)だけの貸切状態だったよ。
でも那覇のホテルを出たのは5時前 やっぱり宿は北部に取っておけばよかった。



ここのヒルギは3種類あって、下に向かって伸びた枝は、地上に到着すると根っこになるらしい。

街道にも生えててびっくりしたパイップルみたいな木。
実はこれ、アダンと言う。おいしそうだがおいしくないらしい。残念。



魚の卵、カニ、トリなどを見ながらカヤックはゆっくり進んで行く。
象やカバはいないけど、「ジャングルクルーズ」よりよっぽど迫力がある。
本物の自然がここにはある、そう感じた。



幸い天気がよかったので、そのまま海にも出た。

このまま離島まで漕いで行きたかった~!!


グループのみんなと

カヤックが終わったら、金城さんがカヤック中に撮ってくれた記念写真をDVDに焼いてくれる。

そして、みんなにちんすこうをくれた。

今のちんすこうは、いろいろ味があるのねー。
黒糖、白砂糖、チョコレート、ゴマ、紅イモ、パイナップル、宮古島の雪塩、選ぶのが楽しかったわ。

初めてちんすこうを食べたタソっち。

「こ、これは・・・・!!」



「クラビエデスじゃないか!!!!」
クラビエデスって、ギリシャでクリスマスに食べるクッキーね。

「あぁ、言われてみたら、似てるねぇ。特に白砂糖のなんて。」

そのあと、お土産でちんすこうを買ってとせがまれたことは言うまでもない・・・。


でも、ギリシャ旅行でクラビエデスを食べて、あの味が恋しい、なんて方いらっしゃったら、
ぜひ白砂糖のちんすこうを食べて郷愁にひたってみてください(笑)

ちなみに私は黒糖のがオリジナルっぽくて好き。


お次は安波(あは)のタナガーグムイ植物群落、という場所へ。

タナガーグムイとは、沖縄の言葉で、タナガー(テナガエビ)がたくさんいるグムイ(淀み)という意味。
エビには遭遇しなかったけど。

小さい駐車場に車を止めて、ジャングルの細い道を下っていくと、いきなり泉が!!

汗だくで降りてきたから、冷たい水が気持ちいい~!!


水にうかんでるのはタソっちだよ。

飛行機に乗り遅れないように、ぼちぼち南下開始。

毎日何度も通った道。
暑いしなかなか進まないし、タソっちが眠くなってしまった。

ちょうどそんな時に運良くblue sealアイスクリーム屋が



紅芋、黒糖、ちんすこう、パイナップル・・・沖縄らしいフレーバーが揃っているのでかなり迷ったが、
他じゃぜったい食べれなそうな、ちんすこう&黒糖のW盛り
ギリシャでも出せばいいのに。クラビエデスアイス。



お店もこれでもかっ!! っていうぐらいカラフル。
気分が上がるね〜!


その目の前に、名もない海岸が。(場所はここ



地元の人が数人いるぐらい。

でもここのビーチも、珊瑚がすごい。

(またスノーケルやったるか!!!)

ここも魚がすごくたくさんいたよ〜!!!
沖縄の海ってホントすごい。

タソっちは昨日のスノーケルで背中が真っ赤になってしまって、今日はギブアップ。
だから日焼け止め塗ったら?って言ったのにね


これで私たちの沖縄旅行は終わり。
二人とも沖縄大好きになっちゃったよ。
近くで催されてた物産展に行ってまたお土産買っちゃったよ。




日焼けしすぎたタソっち、旅行から数日経ったら色んなところの皮が剥けてきた。

こんなとこまで・・・



最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が励まされます。

  
コメントも待ってます
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

theme : 国内旅行
genre : 旅行

最新記事
人気ページ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
その他のブログ

世界一周記

世界一周記

メルボルンワーホリ記

fishワーホリ記

fishの絵のページ

fishの絵のページ

このブログのバナー

fish
リンク
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯版 魚ブログ
QR
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。