スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

沖縄2日目〜聖地もろもろ

沖縄旅行2日目。 
私がとても楽しみにしていた斎場御獄(せーふぁうたき)へ。
ここは琉球の始祖「アマミキヨ」が造ったとされる、琉球最高の聖地と言われている場所。
2000年に世界遺産に登録された。

色んな人のブログなどを見ていて、光がすごい!と思ってどうしても行きたかったんだ。
ただ磁力もすごいらしく、カメラが壊れたりする可能性もあるんだって!
新しくミラーレス一眼を買ったけど、ここはタソっちのコンパクトカメラに頼ることに。

ちなみにここ、昔は男子禁制だったらしい。
仏教やキリスト教の建物でたまにあるのは全部女子禁制だから、珍しい。

9時からオープンということで9時前には着いたのに、チケット売り場の前にはすでに列が。
中に入るとそこはジャングル。途中礼拝所だったと言われる場所を数か所見ながら、最後に行きつくのが斎場御獄の最重要礼所である三庫理(サングーイ)。大きな岩が二つもたれかかるように立っていて、不思議な三角のトンネルができている。

記念撮影する人達を気長に待ちながら、あちこちで飛び交っている蝶々をカメラにおさめようと張り切るタソ。


タソっち撮影。なんだか桃源郷のようだったよ。



ここが三庫理。やっぱり光がすごいわ。

私たちが斎場御嶽を出るころには、駐車場は満車になっていた。
こりゃ早く行ってよかったわ。

それから沖縄本土の最北端にある大石林山へ。
ここには30分で巡れるハイキングコースが4つ準備されている。

私たちは最北端の辺戸岬や大海原が望め、石林も楽しめる「美ら海展望台コース」と、
亜熱帯の木々が密生し、巨大ガジュマルや6万本のソテツなどが楽しめる「亜熱帯自然林コース」を歩いてみることに。

「美ら海〜」コースは、聖所が多く点在しているらしく、オーブの写っている写真や、そこで起きた怪奇現象などを説明する看板が、ハイキングコースの至るところに建ててあった。

(今のパワースポットブームに乗ってるのか、ここまで誇張されたらうさんくさいな

と思ったりもしたが、

「生まれ変わりの石」というのがあって、「その周りを3周すれば今までの穢れが落とせます」という説明書きを読んで、汗だくになりながらグルグル回ってる私・・・


これがその「生まれ変わりの石」


それはさておき(笑)、巨大な岩の数々の見せる迫力は感動ものだったよ。






陽気なソテツ君たち


「亜熱帯〜」コースはガジュマルの巨木に圧倒された。


ここも光がすごい。

沖縄では老大木になると、生えている場所によってはその特異な形状が神秘・奇怪に見えるところから、昔は木の精霊が宿るものとして香炉を置いて神木霊木にしたり、あるいはキジムナー(木の精)が住むものとして怖がられてたようだ。


確かに、夜見ると超怖そう!!



何か、足元青いし



でも、昨日といい今日といい、北部へのお出かけばっかり。
そして明日も明後日も。
宿を北部にとっておけばよかったと後悔。
山も海も、北部の方がオススメだよ。自然を楽しみたい人は参考にして下さいな。


帰りはまた3時間の高速の旅は疲れるので、休み休み帰る。
たまたま見つけた「シーサイドレストラン」に立ち寄り、コーヒーを飲みながら日没まで休憩してたよ。


夕陽と漁師




最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が励まされます。

  
コメントも待ってます



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

theme : 国内旅行
genre : 旅行

最新記事
人気ページ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
その他のブログ

世界一周記

世界一周記

メルボルンワーホリ記

fishワーホリ記

fishの絵のページ

fishの絵のページ

このブログのバナー

fish
リンク
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯版 魚ブログ
QR
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。