ポルト散策〜素敵なお店発見

バスには慎重になろうと決めた私たち。

ナザレを出発するバス停も前日にちゃんと調べておいたし、朝も15分前に宿を出た。




見よ、この余裕の表情。

話もはずむよ。




って、はずみすぎてバス停を通りすぎた



「あれ、バス停どこだ!???」


「こんなに遠くなかったよね・・・


「引き返さなきゃ!」


焦り始める私たち。




どんだけ通り過ぎてたんだか。



またまたヒヤヒヤさせられたけど、今回も無事乗れたわ・・・。




ポルトでの宿はGuest House Álvares Cabral

評判通りの、家族経営の感じのいい宿だった。

「何かおいしいポルトガル料理が食べられる所はありませんか?」

と尋ねると、観光客が必ず行くドウロ川沿いの場所を勧められたのでちょっとがっかりしていたら、
ちょうどオーナーであるお父さんが宿に入って来た。

そして、
「あぁ、ここもいいよ。ちょうどもらったんだ。」

と、Lagostimというレストランの名刺を渡してくれた。


このタイミング!

早速行ってみた。




場所はおそらくビジネス街。
スーツを着た人達で店内はいっぱいだ。


今日の日替わりメニューがあって、全てポルトガル語。
「歩き方」のミニ辞書がものすごく役に立った☆


結局、日替わりのCaldeirada(ブイヤベース)、魚のフライ付き(€7.5)と、
Arroz de Marisco(エビ、イカ、アサリ、カニなどが入ったシーフードリゾット)€20を注文。


Caldeirada


Arroz de Marisco(2人分。と言っても3人でもお腹いっぱい)


おいしかった♪

お店は超満員なのに、ウェイターさんは私たちに笑顔で話しかけてきてくれる。
いい店だったな


それからポルトの街を散策。


面白いお店を発見した。

Dream Pillsというキャンディー屋さん。
お薬を入れる容器に、自分の好きなお菓子を詰め込んで、レジ付近に展示してあるラベルの中から、
好きなステッカーを選んでボトルに貼るのだ。

ステッカーには「歌手になるための薬」「愛が深まるための薬」など、様々なラベルがそろっている。

直子はタバコ好きな友達のために、「禁煙用」をチョイス。


使い捨ての手袋をつけて、好きなキャンディーを詰めていきます。
かなりきわどい色のものが多いけどね



ゴージャスな側面総アズレジョのIglesia de las Carmelitas


中もゴージャス



ポルトでの観光のハイライトはドウロ川の景色だ。

川の方へと足を進めて行くと、また素敵なお店、Portugalidadesに出会った。


ここでもラッキーシンボルの鶏の置物が。でもヴェスパとビートルに乗ってて可愛すぎる!!!


思わず笑っちゃう十字架のオンパレード。右の十字架はイエス様の誕生の図。



このコミカルで宗教的な粘土細工は、バルセロスの人形といって、
今でも本当にバルセロスの町で作られてるのかは分からないけど、その町が発祥の人形らしい。


見ているだけでもクスッっと笑っちゃうでしょ?


ここで私も一つお土産をタソママに購入。
何を買ったかは旅行記の最後に教えます♪


ここから川まではあともうすぐ。
ポルト後半は次回


最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が励まされます。

  
クリックすると絵が変わるよ♪

コメントも待ってます
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

theme : ポルトガル 
genre : 旅行

最新記事
人気ページ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
その他のブログ

世界一周記

世界一周記

メルボルンワーホリ記

fishワーホリ記

fishの絵のページ

fishの絵のページ

このブログのバナー

fish
リンク
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯版 魚ブログ
QR
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...