スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

日本語ペラペラなソティリのレストラン

ロードス島旅行、前回からの続き。

日本人と結婚しているというソティリのレストラン、Mama Sofiaに行ったものの、ソティリはいなかった。

でも他のウェイターさん達に私たちのことを話してくれていたらしく、

「お店からのサービスです」


と気前よくピザやらワインやら色々持って来てくれる。

ソティリと奥さんもすぐに来た。




ウニとカニ♪ 母が写真を撮るまえに、かなり食べられちゃってます(笑)


私たちが頼んだのはこれ。

キドニャという貝


パイダキア。羊のスペアリブ


ギリシャ料理盛り合わせ。

この盛り合わせ、ウェイターさんが両腕で円を作って、
「こんなに大きいんだよ。」

というのを冗談として受け止めてたら、ホントに巨大なお皿だったのでかなりびっくりした。
メニューには2人前とあるけど、3人で食べてもお腹いっぱいになる量がある。

騎士団長の宮殿のすぐ近くに、お土産やさんと一緒に並んでいるお店なので、
味も観光客向けかもしれないと思ってたんだけど(ゴメン

どれもとてもおいしかった

羊肉が食べたかった父も、スペアリブを大満足で食べてた。

ソティリが言うに、ここは彼のおばあちゃんが開いたレストランで、家族経営でやっているレストランだそうな。
だから何となく素朴な感じがあったのかな。

日本語のメニューもあるし、おすすめです



デザートのバクロバとガラクトブリコとアイス。
これもサービスしてくれた♪


さて、ソティリの日本語が1年でどうしてこんなに上達したか興味深々の私たち。

毎日4時間みっちり日本語学校で勉強してたことはもちろん、
日本人の彼女ができたというのもかなり大きなプラスだったらしい。

「でね、この人がその彼女で、日本語学校の僕の先生だったんですよ。ウヒヒ。」

と隣にいる奥さんを見ながら嬉しそうに話す。

「普通の生徒は、学校が終わった後は母国語を話す友達と遊んだりしてたけど、
ソティリは私と一緒にご飯食べて、その間もずっと日本語だったから、ギリシャ語や英語を話してる時間なんてなかったんですよ。」


と奥さんの智子さん。


「最初のうちは日本語が話せなかったんです。でも分かりたい気持ちばかりが焦って、頭が大回転するんです。でも分からないから頭痛がしてました。」

うーん、何か分かる気がする・・・。


タソには、とりあえずドラマやマンガを見た方がいいとアドバイスしてくれた。

「オタクになるぐらい見ろ!」

だって(笑)
色々おすすめしてもらった。


気がつけば3時間も食べてた(ってか、おしゃべりしてた)。
本当にきさくで素敵な二人だった。






日本語を勉強しているタソっちにはものすごくいい刺激になったみたい。





その夜、タソはこんな夢を見たらしい。




タソが日本にいて、外国人と一緒にいるんだけど、
みんな日本語がペラペラで1人だけ分からなくて焦ってるという・・・。


単純だなぁ(笑)
がんばってくれぃ、タソっち。


最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が励まされます。

  
クリックすると絵が変わるよ♪

コメントも待ってます
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

theme : ギリシャ
genre : 海外情報

ロシア料理・バレンティーナ

今、ギリシャ語の学校に行ってるんだけど、そこのウクライナ人のクラスメイトが教えてくれた
ロシア料理のレストラン、「バレンティーナ」

洒落てるわけじゃないけど、味が本物で、ロシア人も多く食べにいくとか。



早速タソっちと行ってみた。



普通の住宅街にいきなりある。



中は案外広くてびっくり。

いかにもロシア人っぽいおばあちゃんと、その旦那さんらしき人が切り盛りしてる。


初めてなので、ベタなものばかりを注文。

メニューにあるピロシキがまだ準備できてないと言うので、代わりにBliniという、挽肉の入っているクレープとロシアンサラダを注文。



普通に美味しかった。


クラスメイト曰く、ロシアサラダには、必ず漬け物が入ってないといけないらしい。
「ジャガイモをマヨネーズで和えただけでロシアサラダって言うんだから、びっくりよね!」
と彼女は言っていた。


その話を踏まえて、タソっちが店のおじさんに注文する時、

「ロシアンサラダはどんな感じですか?」
って質問したら、

「作られるべき方法で作られてるサラダだ。」
と返って来た(笑)

頑固オヤジみたいな回答に笑えた。

でもこのサラダ、おいしくてどんどんパンが進んだ。




タソっちの頼んだロシアのビール、Baltika(これも普通においしかったらしい)。
奥のベーグルみたいなパンが、おばあちゃん手作りであろうと思われるパン。
焼きたてでかなりおいしかった!!



ホンットに洒落っ気のないお店のデコレーション。
素朴でいいんだけどね。



ストロガノフ。柔らかくて、ソースもまろやかで激ウマだった。


こちらはVarenikiという水餃子のような物の中にチーズが入ったもの。
ちょっと味が薄かったかな・・・。




お昼だったのでお店は暇だった。
敬虔なギリシャ正教徒の人々にとって、今の時期はあと一ヶ月後に来るパスハ(イースター)まで、お肉や卵を食べない「絶食」期間。

ロシア人の宗教もギリシャ正教なので、おばあちゃんが若い子たちと、ベジタリアンパイを作ってた。


ロシア語でおしゃべりしながら器用に生地を切って包んでのを見ていたら、
なんだかロシアの台所を垣間見たような気がした。



今度はロシア人のお客さんで盛り上がってる夜に行ってみたいかな。
ピロシキ食べ損ねたし。



最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が励まされます。

  
クリックすると絵が変わるよ♪

コメントも待ってます このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

theme : ギリシャ
genre : 海外情報

ニューヨークのかけら

タソっちの会社の同僚がタソっちに、ジャズが好きという話をしていた。
「うちの魚妻も好きだよ」と言うと、一緒にアテネのジャズバー、"Half Note" へ行かないかと誘ってくれた。

おそらくギリシャで一番大御所がやってくるジャズバーがここだろう。

この日はGEORGE CABLES QUINTET (feat. C. HANDY, B. HART, D. WEISS & M. BOWIE)。
このケーブルさんについては全く無知なので、調べてみると、80年代から90年代のモダンピアノジャズを定義づけるほど影響力のあった人らしい。


wikipediaより

You Tubeで見てみると、とても素敵だったのでテンションUP。



久々におめかし
夜10:30からのスタートなので、遅くまで起きてるのに慣れてない私はちゃんと9時まで寝ておいた(笑)





同僚の友達(彼もまたジャズやボサノバが好き)も来ていた。
今度じっくりお話がしたいなぁ。


ライブは、期待はしていたんだけどクオリティの高さに感動。
みんな、本当に音楽を奏でることに幸せを感じているのが手に取るように分かる。

やりたいことを仕事にできてる彼らは幸せものだな・・。

なんて余計なこと考えたりして。


彼らが楽しんで演奏しているのを見て、観客である私たちも体を動かさずにはいられない。
音楽音痴なタソっちでさえ体でリズムをとってたよ(笑)


彼らがニューヨークの風を運んで来てくれた気がした。
ここだけはNYのライブハウス。


Half Noteは、そんなに大きい場所ではないんだけれど、満席。
どんな不景気の中にいようと、質のいいものには人は流れる。

ただ、ワイン2杯のところが1杯になったり、お食事を頼まなかったり、そういう所に不景気は見られるんだけど。



ライブは1時間半のパフォーマンス後、ちょっと休憩を置いてまた1時間ぐらいやってくれた。

大満足


寝だめしてなかったタソっち、ちょっと眠そう(笑)



後日、うちのすぐ近くにもジャズバーがあることを発見。
今度は彼らを誘って行ってみようかな?


最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が喜びます。

  
クリックすると絵が変わるよ♪

コメントも待ってます このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

theme : ギリシャ
genre : 海外情報

友達はいいもんだ♪

7月から始まったギリシャ語学校はあっという間に終わった。
9月からまた始まるかもしれないけど、それは先生さえ分からないらしい。

さすがギリシャ。


短い間だったけど、文法だけでなく、ギリシャ語の歌を習ったり、踊りを習ったり、とても楽しかった。

でも一番楽しかったのは、友達ができたこと!!


みんな和気あいあいと、宿題とかも助け合ってたこのクラス。


学校の近くにいつも気になってたレストランがあったので、学校が終わったその足で、都合の合う人だけ行くことに。


ちょっとヒッピーっぽいレストラン。


ガラスケースの中にパスタやらチキンやらが20種類くらい用意されている。

これを大皿または小皿に持ってもらうんだけど、


好きな物を盛り放題だっていうから嬉しい。



ちなみに小皿は€3.5、大皿は€6.5。 激安


普通は大皿に4-5種類盛るというので、欲張って5種類盛ってもらったよ☆


ドーン


食べれんの? って感じ。


はい、食べれませんでした。
チョコチョコ5種類でよかったんだけど、さすがギリシャ、盛る量が半端ない。


でも全部美味しかった




ちなみに飲み物はビールのみ(爆)


ソフトドリンクが欲しい人は「キオスクで買って来て~!」

この写真の二人とは特に仲良くなった。





学校は終わった(多分)けど、みんなで日帰り旅行をしようとただ今計画中



最後に、魚ブログを応援してあげようって方は、↓をクリックお願いします。
ランキングの順位が上がって魚が喜びます。

  
クリックすると絵が変わるよ♪

コメントも待ってます このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

theme : ギリシャ
genre : 海外情報

3周年記念は日本食inbiへ!

今日はタソっちと私が出会ってちょうど3年目

ギリシャ独立記念日の一日前だったのでよく覚えてるのだ。

クリスマスもバレンタインもまるで何もやらない私たち。

でもこの日だけは・・・っていうか、この日を一番盛大にお祝いするんだ♪


去年はエドディでフレンチ、
そして今年はT君とY君の働くinbiで日本食に決定!!(HPはまだ空。さすがギリシャ



オープンが20:30とのことだったので、その時間に行く。
これでも私には遅いんだけど、ピークタイムは23:00。そんな時間に食べるなんて、絶対嫌!!



店内はとてもクラッスィー♪

しまむらのパンツを履きたがるタソを阻止してよかった




新鮮なネタを前に空腹もMAX!



まずは芸術品のオンパレード。






生け花を彷彿とさせてくれた。
この二人に生け花をさせたら、案外うまいのでは、なんて考えてみたりして。



2人用の刺身盛り合わせ。

よーーーく写真を見てもらえれば気がつくかもしれない。


中トロだけ3枚・・・。


「なんで?」

「わざと。取り合いしてる所見たくて。」


・・・Sだ


血みどろの戦いを始めようかと思ったけど、そうはならなかかった。

さて、どうしてでしょう? (答えは最後)




実はもうここら辺で腹10分目だったんだけど、これからお寿司がスタート




・・・言葉にならない 



言葉にならないので、タソっちの例をとって絵にしてみた。

まず、食べる。


やられる (必ず頭が一回後ろに下がる。)


半目開いてどっかいってる




二人して半目でムフフって笑ってた。

もう怪しくても構いやしないよ。



イケメンシェフ達を見たい人は寿司バーがお勧め(笑)


そこへこないだ会ったヤニスが登場。 彼はデザートを担当しているのだ。




犯罪的ウマさ。


大満足。
お陰でとってもいい記念日になった。


うちへ帰ってすぐベッドに入ったタソ。

「体が爆発しそうだから、ボクを動かさないでね。」


そう言われたら動かしたくなるんだけど、

爆弾と寝るかのように、そ~っとベッドに入った私であった・・・。



爆発しないでよかった。


ともあれ、3年目 めでたしめでたし。


  おめでとクリックお願いシマス  
  
コメントも待ってます


3枚目の中トロは、タソが譲ってくれました(涙)
みんなの予想通りかな? このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

theme : ギリシャ
genre : 海外情報

最新記事
人気ページ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
その他のブログ

世界一周記

世界一周記

メルボルンワーホリ記

fishワーホリ記

fishの絵のページ

fishの絵のページ

このブログのバナー

fish
リンク
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯版 魚ブログ
QR
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。